和敬清寂(妙心寺29代管長 春見文勝)/ y25
5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f 5b5c284950bbc31bf800067f

和敬清寂(妙心寺29代管長 春見文勝)/ y25

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

【名称】   ・和敬静寂 【作者】   ・妙心寺642世(妙心寺29代管長)春見文勝    1905(明治38)年~1998(平成10)年 【状態】   ・良好です 【寸法】   ・(本紙)(縦)99.0×(横)29.5cm   ・(総丈)(縦)178×(横)32.5cm 【備考】   ・紙本 【商品番号】   ・y25 春見文勝の一行書「和敬清寂」です。 和敬清寂とは茶道の精神を表す言葉で、 特に千家では「和」「敬」「清」「寂」を表す、 四規として重要視しています。 和敬は主客相互の心得、 清寂は茶庭・茶室・茶道具等に関する心得で、 主人と客が互いの心を和らげて謹み敬い、 茶室の品々や茶事の雰囲気を清浄な状態に保つ事です。 春見文勝は「誰にでも百点満点の自分がある。 劣等感は憎み、恨みを生む。大らかに生きよ。」 という言葉を残しています。 90歳の時分とは思えない勢いある大らかな書から、 言葉通りの人を包み込む優しさを感じさせます。 〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町10-12 天平堂 ‐ TENPYODO ‐ 092-710-6657 http://www.tenpyodo.net info@tenpyodo.com